スタイルを維持したいなら産後に骨盤矯正がお勧め

ウーマン

太陽からの恵み

手

電磁波の一つ

遠赤外線は太陽から放射される電磁波の一つです。太陽から放射される電磁波には、ガンマー線やX線、紫外線や可視光線があります。また、赤外線やマイクロ波、電波を挙げてもいいでしょう。赤外線は波長領域0.75〜1000マイクロメーターの領域にありますが、その中の4〜25マイクロメーターの領域にあるのが遠赤外線で、25〜1000マイクロメーターの領域にあるのが超遠赤外線です。遠赤外線は太陽の放射以外にも人工的に生成する事ができます。人工的に遠赤外線を作る最も一般的な方法はセラミックを加熱する方法です。その他にもステンレスやカーボン、セシウムにタングステンなどを用いる方法もあり、それぞれ違った波長と放射率が変わります。人工的に作られた遠赤外線は波長や放射率の違いに応じて、赤外線ランプや電熱器、ヒーターなどに応用され製品化されています。

性質を利用した製品

遠赤外線の特徴は有機物に吸収されやすく吸収されると熱に変わり、さらに遠赤外線は対象物の内部を温める性質があり、この働きを利用して暖房器具や医療機器、健康器具が開発されています。また、調理器具や乾燥、保温などの効果があります。など、生活する上で身近なものとして製品化されています。身近な物にはマット、下着や靴下、サポーターなど冬場の寝具や衣類などに使われており共に温め効果があります。冷え性改善にも期待ができるでしょう。遠赤外線は地球上の物質すべてから発生されていると言われており、人間の身体からも微量に発生しています。特に木炭は発生量が多いと言われています。ご飯を炊くときに炊飯器に備長炭を入れるとおいしく炊けると言われます。これは木炭に含まれる遠赤外線が米の芯まで熱を通す事で、うまみ成分を引き出す働きがあるからです。